FX(外国為替証拠金取引)においてスワップ金利派とは
スワップ金利派とは
スワップ金利派宣言
自分のルールを持つということ

FXの教科書 プロの教えあってこその現在の私です
松島修さん 小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円
松下誠さん FX投資必勝法ブログ 
為替王さん プロの為替相場,レート予想
ザイFX! 『ダイヤモンドZAi』

FX口座をつくるなら どうせつくるなら少しでも有利なところで
サイバーエージェントFX
セントラル短資
M2J
□くりっく365





資金を貯めよう!

FX(外国為替証拠金取引)を始めるにあたって、
いったい幾ら元手があったら、
安全に取引を行うことが出来るのでしょうか?

私の結論から申し上げますと、

最低でも20万円

余裕を見て30万円

 で10,000豪ドルを運用しよう(したい)

です。



計算してみましょう。

計算を単純化するために、
私が狙いを定めている豪ドルに
関して数値化してみます。



例えば

為替相場が
1ドルあたり100円だったとします。
これで10,000ドルを買ったとしましょう。
100円×10,000で

100万円分です。

ここで手元の資金が10万円あれば

レバレッジ10倍です。

相場が変動し
1ドルが90円になったとします。

90円×10,000で

90万円分です。

10万円の損が出ていますので、

FX会社では強制的にあなたの口座の10万円を握り締め、

「ハイ終了!」とコールします。

10円の変動は十分に有り得ると考えると、

資金が10万円ではダメということです。




*私は1円の変動は1万円(10,000ドルあたり)と考えるようにしています。

つまり、自分が考える最悪の範囲が15円なら、
15万円 (レバレッジ6倍ちょっと)
で安全はとり合えず確保できる、と。
実際は各社それぞれの取り決めがあると思いますが、
ここでは概念として。

然るに
20万円 (レバレッジ5倍)
を元手に10,000ドルを取引するのが
とり合えず安心できる最低ラインか。

もちろん余裕が多ければ
例えば
30万円あれば(レバレッジ3倍弱)
1ドルが100円から70円に下げる事が無ければ、
理論上破綻しません。

こんだけ余裕があれば、
日々の何円上げた下げたと浮かれることなく、
平穏に日々暮らすだけで
スワップ金利が懐に入ってきます。
1日あたり170円だとして
1年で約62,000円

つまりは30万円に約20%の利息が付いたことになります。





現在の豪ドル・NZドルランキングはどうだ?

上位の方たちの情報は貴重ですね。
私もまめにチェックしてます。


よろしければ応援の1クリックお願い致します。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ


そうそう
忘れてならないのは

松島修さんの
小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円





お勧めです。



FXについてお勉強しよう!編

元手を貯めよう!編

FX口座を申し込もう!編

自分のルールを決めよう!編

バーチャルで練習!編

買ってみよう!編
タグ:FX 為替
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



日本最大・勝ち残りに必須な良質な投資情報・有料メルマガFXインテリジェンス新イーグルフライ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。